2022年12月13日開催の「井上尚弥vsポール・バトラー戦」の視聴方法を解説!試合のアーカイブ映像はLeminoで無料公開中です。日本初の世界バンタム級3団体の統一王者世界である井上選手が、4団体統一をかけてバトラー選手と対戦!歴史的な一戦を振り返りましょう。

このサブスクのポイント!

  1. 井上尚弥vsポール・バトラー戦の視聴方法は?
  2. 両選手の経歴や試合に至るまでの経緯も解説
  3. 井上尚弥vsポール・バトラー戦をより楽しむポイントを紹介

井上尚弥vsポール・バトラー戦の視聴方法

井上尚弥VSポール・バトラーの視聴方法

出典:https://lemino.docomo.ne.jp/

「井上尚弥vsポール・バトラー戦」はLeminoで視聴可能です。

Leminoでは、「井上尚弥vsポール・バトラー戦」以外にも、大会当日に行われた各試合のアーカイブ映像を無料公開しています。
※本作品の配信情報は23年11月1日時点のものです。

なお、無料で視聴する場合は、広告が表示されます。広告表示なしでストレスなく観たい方は、有料会員での視聴がおすすめです。

有料会員は月額990円(税込)の利用料金が発生しますが、初回登録の方は初月無料で利用できます。

お試し期間内でも解約出来る為、「井上尚弥vsポール・バトラー戦」を視聴した後、1ヵ月以内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

こちらもおすすめ

 

Leminoでの視聴方法

  1. Lemino公式HPにアクセス
  2. 会員登録を行う(無料会員・有料会員どちらでも可)
    Lemino(レミノ)の登録方法は?アプリダウンロードについても解説
  3. 7月25日(火)にLeminoにアクセス
  4. Leminoの検索画面から「井上尚弥」と入力
  5. 井上尚弥VS.バトラー戦の「再生」ボタンをタップ

 

Leminoで動画を視聴するには、会員登録を行う必要があります。

「井上尚弥VS.バトラー戦」は、無料会員でも有料会員でも視聴することができますが、初めての方は1ヵ月無料で期間中はいつでも解約できる有料会員登録がおすすめです。

Lemino(レミノ)は無料でも視聴できる?プレミアム版との違いを徹底解説

 

テレビ画面で視聴する方法

Leminoは、スマートテレビやストリーミングデバイスを使うことでテレビ画面からコンテンツを視聴することができます。

スマートテレビで視聴する場合は、「Lemino」アプリをインストールし、コンテンツの視聴を開始します。

ストリーミングデバイスを使用する場合は、デバイスとテレビをHDMI端子で接続し、「Lemino」アプリをインストールして視聴します。

Lemino(レミノ)をテレビで見る方法は?対応デバイスごとに手順を解説!

 

「井上尚弥vsポール・バトラー戦」とは?

井上尚弥vsポールバトラー

出典:https://www.phoenixbattle.jp/

「井上尚弥vsポール・バトラー戦」の正式名称は、「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS WBA・WBC・IBF・WBO 世界バンタム級王座統一戦 井上尚弥 vs ポール・バトラー」。

井上尚弥選手はボクシング界の4つの主要団体のうち、3団体で日本人初の王者となっている世界でも有名な選手です。

長いボクシングの歴史でも、バンタム級の王者が一本化されるのは1972年以来、50年ぶりの快挙。

アジア初のバンタム級4団体統一をかけ、WBO王者のポール・バトラー選手と対戦しました!

 

\2023年は井上尚弥VS.フルトン戦が開催されます!/

こちらもおすすめ

 

試合スケジュールと当日の対戦カード

井上尚弥vsポール・バトラー戦は、2022年12月13日(火)に有明アリーナで開催されました。

日本人初の4団体統一をかけた注目の一戦以外にも、井上尚弥の実の弟「井上拓真vsジェイク・ボルネア戦」など見逃せない対戦カードが盛り沢山。

井上選手のタイトル戦を含む、全6試合が実施されました。

対戦カード一覧

  1. ピーター・マクレールvs三宅寛典
  2. 清水聡 vs ランディ・クリス・レオン
  3. 井上拓真 vs ジェイク・ボルネア
  4. 武居由樹 vs ブルーノ・タリモ
  5. 平岡アンディ vs 誼敏虎
  6. 井上尚弥 vs ポール・バトラー

Leminoなら、全試合のアーカイブ映像が視聴可能です。

 

井上尚弥選手の経歴

本名 井上尚弥
通称名 Monster(怪物)
出身 日本・神奈川県
階級 バンタム級
身長 165cm
誕生日 1993年4月10日(29歳)
総試合数 23試合
戦績 23勝0敗(20K.O)

アマチュア時代~

井上選手のキャリアスタートは小学1年生から、父のもとでボクシングを始めます。

小学6年生のときに試合へ初出場し、全国大会で2年生相手にRSC勝ちを収めると、中学3年時に行われた第1回全国U-15大会では優秀選手賞を受賞します。

高校1年生のときにはインターハイ・国体・選抜の三冠を達成、アジアユース選手権で銅メダルを獲得するなどアマチュア時代から強さは健在でした。

2年時には世界ユース選手権でベスト16入りし、国体を連覇。

3年時には「インドネシア大統領杯」で初の国際戦金メダルを獲得すると、世界選手権へ出場を果たしベスト16という結果を残しました。

国内戦ではインターハイ優勝に加え、全日本選手権で初優勝するなど高校生初のアマチュア7冠を達成しています。

 

プロキャリア時代~

2012年に大橋ボクシングジムへ入門し、発表記者会見では「井岡一翔が持つ世界王座最短奪取記録の更新」を宣言しました。

プロデビュー戦では、OPBF東洋太平洋ミニマム級7位にランクされているクリソン選手にKO勝利。

プロ転向からわずか3ヶ月でOPBF東洋太平洋ライトフライ級10位にランクインし、日本のライトフライ級6位にもランクインを果たしました。

2013年1月にはタイライトフライ級王者ガオプラチャン選手と対戦し、KO勝利。

日本ライトフライ級王者の田口選手と対戦し、判定勝ちの末に当時国内最短タイ記録となる4戦目での日本王座を獲得します。

その後も、「東洋太平洋王座」「WBC世界ライトフライ級王座」「WBO世界スーパーフライ級王座」「IBF世界バンタム級王座」など数多くの戦績を残す井上選手。

16戦目には「WBA世界バンタム級王者」のマクドネルに勝利し、3階級制覇を達成しています。

 

日本人初の三団体統一王者に~

2022年にWBC世界バンタム級王者ドネア選手と対戦し、TKO勝ちを収めWBC王座を獲得。

WBA王座は7度目、IBF王座は5度目の防衛に成功し、日本人初の三団体統一王者となりました。

ドネア選手との試合から一夜明けて会見に臨んだ井上選手は「バンタム級統一を第一目標にしたい。自分の価値を上げてからスーパーバンタム級に上がりたい。まだ強くなります。」と語っており、WBO王者のポール・バトラー選手との試合に意欲をのぞかせました。

豆知識!ボクシングの階級全17種類をご紹介!

男子は17種類・女子は18種類と選手の体重によって細かく分けられています。

  1. ミニマム級 (47.62kg以下)
  2. ライトフライ級 (48.97kg以下)
  3. フライ級 (50.80kg以下)
  4. スーパーフライ級 (52.16kg以下)
  5. バンタム級(53.52kg以下)←井上の階級
  6. スーパーバンタム級(55.34kg以下)
  7. フェザー級(57.15kg以下)
  8. スーパーフェザー級(58.97kg以下)
  9. ライト級(61.23kg以下)
  10. スーパーライト級(63.50kg以下)
  11. ウエルター級(66.68kg以下)
  12. スーパーウエルター級(69.85kg以下)
  13. ミドル級(72.57kg以下)
  14. スーパーミドル級(76.20kg以下)
  15. ライトヘビー級(79.38kg以下)
  16. クルーザー級(90.72kg以下)
  17. ヘビー級(90.72kg超)

 

ポール・バトラー選手の経歴

対するポール・バトラー選手の今までの戦績や経歴を紹介します。

本名 ポール・バトラー
通称名 Baby Faced Assassin
(童顔の暗殺者)
出身 イングランド・チェスター
階級 バンタム級
身長 168cm
誕生日 1988年11月11日(34歳)
総試合数 36試合
戦績 34勝2敗(15K.O)

バトラー選手は「34勝2敗」という戦績で、井上尚弥に比べると派手さにかける選手といった印象です。

16戦無敗のままIBF世界バンタム級王者になりましたが、スーパーフライ級に転向するために王座を返上。

その後テテやロドリゲスに敗北し、キャリア初ダウンを奪われます。

2022年にWBO王者カシメロと対戦する予定でしたが、カシメロが英国ボクシング管理委員会の規定に抵触し出場取り消しに。

カシメロに代わって出場した同級4位のジョナス・スルタンと対戦し勝利、WBO世界バンタム級王座の獲得に成功します。

バトラーは王者と戦わないまま、8年ぶりの王座奪取を果たしている選手です。

 

「井上尚弥vsポール・バトラー戦」に至る経緯

試合に至る経緯

井上尚弥選手とポール・バトラー選手の試合は、どのような流れで開催することになったのでしょうか。

時系列順に、試合に至るまでの経緯を紹介します。

 

2022年10月13日、開催発表記者会見

2022年10月13日(木)に神奈川県横浜市にて、「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS WBA・WBC・IBF ・WBO 世界バンタム級王座統一戦」が開催されると発表がありました。

記者会見の中で井上選手は「相手は非常にまとまった穴のない選手だが、2ヶ月でやつことをやってリングに上がりたい。圧倒的な力の差で4団体統一を成し遂げたい」と語っています。

 

2022年11月2日、3日間の合宿を打ち上げ

4団体統一戦に向けて、軽井沢で10月31日から3日間の強化合宿を行いました。

弟の拓真選手と元日本スーパーライト級王者でいとこの浩樹選手が参加し、おもにフィジカル強化に重点を置いたトレーニングを実施。

トレーナーである父と元世界3階級制覇の八重樫東トレーナーの指導を受け、井上選手は「12ラウンドを戦うためのメンタルとスタミナを強化できた」と充実した合宿を振り返りました。

 

2022年11月15日、試合1ヶ月前の背中を公開

井上尚弥&拓真兄弟のマネージャーが運営するTwitterアカウントに、1枚の写真が投稿されました。

投稿では決戦に向けて少しずつ肉体を仕上げている井上選手のトレーニングの成果を伝えています。

腕を上げて両手を頭の後ろに組んでいますが、注目すべきはその筋肉。

肩周りの筋肉はゴツゴツと盛り上がり、肩甲骨のあたりも筋がハッキリと分かる状態になっています。

Twitterの返信欄は「神々しい…!」「鬼が出てる!」とファンからの絶賛コメントの嵐です。

 

2022年11月28日、兄弟スパークリング

井上選手が弟である「拓真選手(元WBCバンタム級暫定王者)」と、スパークリングの打ち上げを行ったと所属事務の大橋会長が発表しました。

2人は6ラウンドにわたり拳を交え、トレーニングに参加した会長は以下のように語っています。

火の出るような打ち合いだった。一番練習になったのではないか。これからはマスボクシングで仕上げていく。

かつては「お互いが意地になりすぎる」とトレーナーである父から禁止されていた兄弟練習が解禁され、4団体統一戦に向けて最後の仕上げに取り掛かっています。

 

トレーナー「最高のポール・バトラーで挑む」

バトラー選手のトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏が、エコー紙(リバプール)のインタビューに応じました。

バトラーについての下馬評が高くないことを認識しつつも、試合当日に何が起こるか分からないスポーツであることを強調。

井上選手については「非常に優れたファイターである」と高く評価し、経緯を表しました。

陣営としては「私たちがしなければいけないことは、最高のポール・バトラーで挑むことだ。運がよければ何が起こるのか分からない」と対戦への自信を示しています。

 

2022年12月2日、4団体統一へ自信

井上選手が13日に向けた調整状況について、所属ジムを通じてコメントを行いました。

11月28日に兄弟練習でスパーリングを打ち上げ、現在はフォームやパンチを意識したサンドバック打ちや入念なストレッチなどの調整に入っている井上選手。

今後の調整ポイントについて問われると「とにかく風邪をひかないこと」と回答しました。

また5日に来日するバトラーに対して気持ちの高ぶりは感じるかという質問には「ありますね。バトラーは自分の慣れた土地でトレーニングを積んで調整を終えてくると思う。相手は向こうで仕上げてくると考えながらやっています。」と語っています。

今年行う(行った)試合がどちらも世界王者との対戦になったが充実した1年になったか、という問いに対しては「今、すごくやりがいを感じている」と気合をのぞかせました。

 

2022年12月5日、ジャブ映像を公開

井上選手のマネージャーが運営するTwitterに、練習中の動画がアップされました。

映像に映っているのは左右に動きながらパンチを繰り出す井上選手の姿。

アジア人初の4団体王座統一という歴史的快挙に向けて、調整を行っています。

 

2022年12月6日、バトラー選手来日

13日に行われる「4団体統一戦」のため、ポール・バトラー選手が日本に来日。

トレーナーやスタッフら7人と来日したバトラー選手は、マンチェスターのボルトンで行った練習について次のように語りました。

「13週間ほどスパーリングを中心に練習してきた。詳しいことは言えないが、いい練習ができた。」

今回が初来日となるバトラー選手は日本の印象について聞かれると、「着いたばかりなので印象といっても…。日本に来たのはボクシングでいい試合をするためだ。勝つためにやってきた」と自信をアピールしました。

 

井上選手が歓迎ツイート

6日朝、対戦相手のバトラー選手が来日したことを受けて井上選手が自身のTwitterで反応しました。

来日したことに触れたツイートを引用し、日の丸を添えて「ようこそ」と一言。

ファンからは「世界一怖い『ようこそ』」、「恐ろしい言葉に聞こえる…」などの声が寄せられています。

 

2022年12月7日、井上選手が公開練習

井上選手が13日に行われるポール・バトラー戦に向けた練習を公開し、バトラー陣営の3名も視察を行いました。

名伯楽であるジョー・ギャラガー・トレーナーは、井上選手の練習姿を見守ると以下のように述べています。

2019年に会ったときより体が大きくなっている印象。

バトラーもスピードがあるが、井上選手もかなりある。パワーよりもスピードを警戒すべきだと思う。

井上選手は練習後の取材において、サッカー日本代表がW杯で活躍したことにも触れ「スポーツがファンに与える影響の大きさ」や「1ミリ単位の世界で戦っているところに刺激を受けた」と語っていました。

4団体統一はあくまでも通過点、と語る井上選手。

世紀の一戦まであと1週間です。

 

2022年12月10日、記者会見

神奈川県横浜市で「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS WBA・WBC・IBF・WBO 世界バンタム級王座統一戦 井上尚弥 vs ポール・バトラー戦」の記者会見が行われました。

テーブルの上には4つのベルトが並び、決戦の日が近づいていることを感じさせます。

井上選手の仕上がりについて大橋会長は「6月のドネア戦よりも1.5倍強くなった印象があります」と語り、「スピードとパンチ力が1Rから火を噴くと思うので、注目してほしい」と発言。

そんな大橋会長に対して、井上選手は「今のところそんな作戦はございません」とユーモアたっぷりに返答しました。

 

記者会見の裏側を独占インタビュー

12月10日に行われた記者会見の裏側を独占配信。

記者会見前に井上尚弥選手と大橋会長、八重樫東トレーナーが談笑する様子も収められています。

会見では「1Rから火を噴く予定はございません(笑)」と語っていた井上選手ですが、会見終了後の舞台裏では「といいながら火は噴きますよ」とにっこり。

試合当日のリング上での閃きなので、今考えている作戦と実際にゴングが鳴った場合での作戦は違うとしつつも、その時の直感と閃きで臨みたいと語りました。

 

2022年12月12日、前日計量

前日計量の生配信が12月12日の13時から行われました。

井上選手は1度目の計量で、「53.55キロ」とまさかの30グラムオーバー。

3分後に行われた再計量では「53.45キロ」でクリアとなりましたが、キャリア初の超過に苦笑いを浮かべました。

対するバトラー選手は「53.50キロ」で一発パス。

この日の体重計は日本で通常使われる錘を使用したものではなくデジタルの体重計だったことから、少しの誤差が超過に繋がったのではないかと予想されています。

 

「井上尚弥vsポール・バトラー戦」はテレビ中継される?

井上尚弥vsバトラー戦テレビ放送

井上尚弥vsポール・バトラー戦は「dTV独占生配信」であり、地上波やAmazonPrime、WOWOWでの配信はありません。

その他のVODでの配信も予定されていないため、試合を楽しみたい方はdTVへの登録が必須となります。

ペイパービュー(個別課金方式)ではないので、月額料金のみで視聴できる点も嬉しいポイント!

1ヶ月間の無料期間中に視聴すれば、月額料金もかからずお得ですよ。

 

井上尚弥vsバトラー戦には「dTV」!
dTVアイコンdTV
・31日間の無料期間内で「井上尚弥vsバトラー戦」を視聴できる
・井上選手に密着したドキュメンタリー番組も配信中
・月額550円でお手頃に利用可能
・映画やドラマ、ライブが見放題!
・エイベックスグループ運営でライブ映像が豊富

 

井上尚弥選手全力応援キャンペーン

dTVキャンペーン

出典:https://video.dmkt-sp.jp/ft/pxb1213

dTVの入会&継続でdポイントを1,000ポイントプレゼントするキャンペーンを開催しています。

エントリー期間は「11/1~12/31」。

※以下の参加条件のすべてを満たした方が対象です。

①下記いずれかの期間中、dTVに入会および継続した方

  1. 2022年10月13日(木曜)~2022年11月30日(水曜)に入会し、2023年1月1日(日曜)まで継続
  2. 2022年12月1日(木曜)~2022年12月31日(土曜)に入会し、2023年2月1日(水曜)まで継続

②本キャンペーンのエントリーページにて「エントリー」を押下しエントリーされた方
③dポイント進呈時にdポイントクラブ会員である方

10/13~11/30に入会&1/1まで継続の方は「1月末」、12/1~12/31入会&2/1まで継続の方は「2月末」にポイントが進呈されます。

この機会に、お得にdTVを始めましょう!

 

井上選手の密着ドキュメンタリー番組配信中!

井上尚弥vsポール・バトラー戦

dTVでは井上尚弥vsポール・バトラー戦以外にも、井上尚弥選手の密着映像を含めたドキュメンタリー番組「Road to Undisputed Champion ~12.13への誓い~」を配信しています。

「日本ボクシング史上最高傑作」とも称される井上選手は、13日の決戦にどのように立ち向かうのか。

カメラは日々の練習から海外合宿まで密着し、貴重な舞台裏を届けてくれています。

試合前に井上選手の「凄さ」を体感したい方必見の貴重映像が詰まっていますよ。

こちらのドキュメンタリー番組も無料期間中に視聴できるので、当日の試合と併せてぜひチェックしてくださいね!

 

「dTV」をテレビで視聴する方法

お持ちのテレビがdTVに対応している場合は、会員登録のうえテレビをインターネットに接続することで視聴可能です。

対応機種の確認はこちらをクリック!

dTV対応テレビでdTVを見る場合には、デバイスごとに手順が異なります。

ここでは簡単に解説します。

・dTV対応テレビの視聴手順

  1. dTV対応テレビで「dTV」を起動する
  2. メニューから「ログイン/新規会員登録」を選択し、8桁のシリアルキーを表示させる
  3. スマホを用意して、dTVアプリを起動する
  4. dTVアプリのフッターメニュー「その他」→「アカウント」を選択(パソコンの場合は「メニュー」→「アカウント」)
  5. 「シリアルキーでログインする」を選び、テレビに表示された8桁のシリアルキーを入力後「設定」を選択
  6. ログイン完了

・AndroidTVの視聴手順

  1. メニューから「無料お試し/ログイン」を選択、「ログイン」を選択し、8桁のシリアルキーを表示させる
  2. dTVアプリのフッターメニュー「その他」→「アカウント」を選択(パソコンの場合は「メニュー」→「アカウント」)
  3. 「シリアルキーでログインする」を選び、テレビに表示された8桁のシリアルキーを入力後「設定」を選択

 

「dTV」をスマホで視聴する方法

dTVをスマホで利用する場合には、dTVの会員登録が必要です。

ただし、アプリから登録を行うと31日間の無料トライアルが利用できないのでご注意ください!

無料トライアルを利用したい方は、ブラウザから「dTV」の会員登録を行い、アプリをダウンロード・ログインを行いましょう。

  1. dTV」へ会員登録をする
  2. iphoneで「dTV」アプリをダウンロード
  3. 作成したIDとパスワードを使ってアプリにログインする
  4. アプリのTOPページに「井上尚弥vs ポール・バトラー戦」のバナーがあるのでタップ
  5. 再生ボタンを押して、視聴スタート!

 

「dTV」のサービス詳細

dTVの詳細

出典:https://video.dmkt-sp.jp/

dTVはLeminoにリニューアルしました。

こちらもおすすめ

 

井上尚弥vsポール・バトラー戦を独占生配信する人気サービス「dTV」について解説します。

dTVは「映画・ドラマ・アニメ・音楽」を楽しめる月額制のサービス。

NTTドコモとエイベックスが共同製作し、エイベックス通信放送が運営しています。

ドコモユーザーだけでなくほかのデバイスを利用している方でも「dアカウント」を作成することで利用可能。

dTVでしか見ることのできない作品をはじめ最新作品は随時追加更新されるので、あなたの見たいがきっと見つかるはず。

 

月額料金 550円(税込)

※App Store、Google Playでの購入は月額650円(税込)

無料期間 31日間
作品数 12万本以上
利用できるデバイス スマートフォン、タブレット、パソコン、TV、firetvやChromecast等
公式サイト https://video.dmkt-sp.jp/

 

こちらもおすすめ

 

「dTV」の特徴やおすすめポイント

dTVのおすすめポイントや特徴を解説します。

  • エイベックスが運営母体のためライブ映像が豊富
  • 他のVODに比べて月額料金がワンコインでお得
  • dTVオリジナルコンテンツが面白い
  • 韓国ドラマが豊富
  • 入会継続でdポイントが1,000ポイント貰える

dTVはエイベックスが運営しているサービスのため、1200公演を超えるライブが見放題。

BTSやiKON、K-POP音楽祭の日韓同時生中継など話題の音楽ライブが見放題の対象となっています。

見放題のライブ例

  • BTS MAP OF THE SOUL ON:E
  • BTS WORLD TOUR LOVE YOURSELF ~JAPAN EDITION~at東京ドーム
  • iKON JAPAN TOUR 2019
  • 三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2019 RAISE THE FLAG

などなど、人気アーティストのライブが定額で見放題!

最新のオンライン有料ライブの場合でも、会員特別価格でお得にライブを楽しむことが可能です。

ほかにも気になるおすすめポイントがある方は、まずは無料でお試ししてみてくださいね!

 

「dTV」での関連コンテンツ

dTV関連コンテンツ

出典:https://video.dmkt-sp.jp

 

dTVでは井上尚弥vsポール・バトラー戦以外にも、ボクシング好きの方におすすめできる動画が配信されています。

井上尚弥選手の所属は大橋ボクシングジムですが、同ジムが主催するイベントフェニックス・バトルもdTVで視聴可能。

フェニックスバトルでは世界チャンピオン輩出を目的にこれまでも多くのタイトル戦を実施し、井上尚弥選手や八重樫東選手をはじめとしたレジェンドたちが熱戦を繰り広げてきました。

dTVでは今後も、以下のコンテンツを配信予定です。

 

「dTV」の人気コンテンツ

dTVはオリジナルコンテンツも豊富に取り揃えています。

地上波では放送できないちょっとオトナな作品や、ホラー作品などもdTVなら見放題!

話題作のオリジナルドラマや、人気ジャニーズグループの冠番組などファン必見の内容となっています。

 

こちらもおすすめ