知育玩具と絵本が隔月で届く「おもちゃのサブスク」をご紹介。月齢に合った知育玩具が子どもの成長を促すとともに、一緒に届く絵本により本を読む習慣づくりにも役立つサービスです。この記事では口コミやサービス詳細、おすすめポイントなどを解説しています。申し込む前の参考にぜひご覧ください。

このサブスクのポイント!

  1. 月齢に合った知育玩具が隔月で4~7点届く
  2. 知育玩具と一緒に絵本が2冊届く
  3. 絵本は返却の必要なし

おもちゃのレンタルサービス「おもちゃのサブスク」とは?

おもちゃのサブスク

出典:https://xn--t8j3bwbweg9xnb6a3v.jp/

「おもちゃのサブスク」は、株式会社ADrim(アドリム)が提供している知育玩具の定額制レンタルサービスです。

nihiro

紛らわしいけど「おもちゃのサブスク」というサービス名だよ!

隔月年齢に合わせた知育玩具4~7点(合計15,000円以上)がレンタルできるのに加え、2冊の絵本が贈呈されます。

月齢に合わせた知育玩具で絵本を読む習慣のきっかけにもなるかも!

まずは「おもちゃのサブスク」について、以下の5つの特徴を解説します。

  • 初月無料キャンペーン開催中!
  • 絵本を2冊プレゼント!
  • 知育玩具の管理を徹底
  • 6歳まで利用可能
  • 一括払いでお得!

 

★おもちゃのサブスクをお探しの方は、人気10社を比較した記事もご覧ください★

こちらもおすすめ

 

初月無料キャンペーン開催中!

おもちゃのサブスク

出典:https://xn--t8j3bwbweg9xnb6a3v.jp/

「おもちゃのサブスク」では初月無料キャンペーンを開催中です。

指定のキャンペーンコードを入力することで、1ヶ月間なんと0円で利用できます!

おもちゃのサブスクを始めようと考えている方は、ぜひコードを利用してくださいね。

最低契約期間は2ヶ月以上となるため、2ヶ月目は通常料金のお支払いが必要です。

【 キャンペーンコード 】

1ヶ月更新プラン:2022oms1

6ヶ月更新プラン:2022oms6

12ヶ月更新プラン:2022oms12

\ 初月無料で利用する! /

 

絵本を2冊プレゼント!

おもちゃのサブスク

出典:https://xn--t8j3bwbweg9xnb6a3v.jp/

「おもちゃのサブスク」の他社と異なるポイントは、おもちゃレンタル時に絵本がタダで貰える点です。

絵本の選書はプロが行い、子どもの月齢や性別にあった絵本をプレゼント!

幼児教育にとって親子で本を読むことは、その後のお子さんの人生に大きな影響を与えます。

「おもちゃのサブスク」であれば、重要な役割を占めている絵本も一緒に楽しめますよ。

 

知育玩具の管理を徹底!

おもちゃのサブスク

出典:https://xn--t8j3bwbweg9xnb6a3v.jp/

回収したおもちゃは徹底したクリーニングを行い、衛生面も安心。

洗浄には植物油由来成分からできた濃縮自然派洗剤を使用し、マイクロファイバークロスで丁寧に磨きあげています。

また、限界レンタル利用回数を設定しているため、知育玩具のクオリティーも確保!

「おもちゃのサブスク」で取り扱う玩具は品質管理が徹底されています。

 

おもちゃのレンタルサービス「おもちゃのサブスク」の口コミや評判

「おもちゃのサブスク」の口コミや評判

おもちゃのサブスク利用ユーザーの声をSNSで調査しました。

nihiro

「おもちゃのサブスク」で検索すると他のサービスの口コミもたくさん出てくる!見極めが大切だよ!

まずは「良い口コミ・評判」から紹介します。

 

「おもちゃのサブスク」の良い口コミ・評判

「おもちゃのサブスク」を利用しているユーザーの良い口コミは主に以下の通りです。

「おもちゃのサブスク」の良い口コミ

・おもちゃの食いつきがいい!

・リクエストできないからこそどんなおもちゃが届くがワクワク!

・おもちゃの使用感がない

・絵本のプレゼントが嬉しい!

「おもちゃのサブスク」は借りるおもちゃのリクエストができません。

これは遊び方や知育玩具の偏りが出ることで、おもちゃのサブスク運営方針(子どもの成長を手助けする)と異なるため。

子どものことを考えて、リクエストを受け付けないようにしているんですね。

nihiro

月齢に合わせたおもちゃを「プロ」が選んでくれるんだね!

またおもちゃのほかに届く2冊の絵本も好評でした。

毎日の絵本の読み聞かせは、親子の触れ合いの時間にもなりますし大切にしていきたいですよね。

 

「おもちゃのサブスク」の悪い口コミ・評判

イマイチだという声には以下のようなものがありました。

「おもちゃのサブスク」の悪い口コミ

・返却パーツが細かくて管理が大変!

・届く絵本が小さい

・絵本のジャンルが被る

「返却パーツが細かくて管理が大変!」という声ですが、これは「おもちゃのサブスク」に限った話ではなく、全おもちゃのサブスクサービスに当てはまることですよね。

「おもちゃのサブスク」では紛失や破損の場合、原則当該おもちゃの買い取りになるので管理に注意が必要です。

\パーツの紛失や破損で弁済不要なサービスはこちら!/

こちらもおすすめ

 

おもちゃのレンタルサービス「おもちゃのサブスク」の利用方法

「おもちゃのサブスク」の基本的な流れは以下の通りです。

  1. 会員登録・申込み
  2. おもちゃが届く
  3. おもちゃの交換をする

 

会員登録・申込み

おもちゃのサブスク

出典:https://xn--t8j3bwbweg9xnb6a3v.jp/

「おもちゃのサブスク」で選べるプランはスタンダードプランのみです。

1ヶ月更新プランの他に、月々のお支払い額がお得になる「6ヶ月・12ヶ月更新プラン」も選べます。

初月無料キャンペーン開催中なので、おもちゃのレンタルサービス検討中の方は参考にしてみてください。

スタンダードプラン
1ヶ月更新 3,828円(税込)
6ヶ月更新 3,637円(税込)

総額:21,820円(5%オフ)

12ヶ月更新 3,445円(税込)

総額:41,342円(10%オフ)

 

おもちゃが届く

「おもちゃのサブスク」では2ヶ月に一度のペースで知育玩具が4~7個(総額15,000円以上)届きます。

初回発送はお申込み日より10日から2週間程度。

お子さまの年齢と性別情報から、月齢にあった知育玩具をピックアップして届けてくれます。

交換のタイミングで絵本も2冊プレゼント!

 

おもちゃの交換をする

前のおもちゃの発送から2ヶ月以上経過すると、次のおもちゃとの交換が可能になります。

チャットから「おもちゃを交換したい」を選択し、チャットの案内に沿っておもちゃの発送をおこないましょう。

返品したおもちゃが確認でき次第、次のおもちゃの発送日がチャットにて連絡されます。

 

「おもちゃのサブスク」の解約方法は?

サービスが合わなかった場合には解約することもありますよね。

ここでは「おもちゃのサブスク」の解約手順を解説します。

  1. チャットで解約の旨を伝える
  2. 連絡後、「ご返却手順」に則り返却する
  3. おもちゃをすべて返却後に解約手続き完了

※解約の連絡は、次回決済日の10日前にまでに行う必要があります。連絡が間に合わなかった場合、次月の解約となってしまうため注意が必要です。

 

「おもちゃのサブスク」でよくある質問

「おもちゃのサブスク」よくある質問

「おもちゃのサブスク」でよくある質問についてまとめました。

サービスを検討している方は参考にしてくださいね。

 

おもちゃのリクエストはできる?

「おもちゃのサブスク」はおもちゃのリクエスト不可となっています。

リクエスト制にした場合、「遊び方や選ぶ知育玩具の傾向に偏りが出てしまう」ことが理由のようです。

「子どもの成長を手助けする」という運営方針から、隔月で届くおもちゃをリクエストすることは出来ない仕組みとなっています。

 

どんなおもちゃが届く?

おもちゃのサブスク」で届く知育玩具は、公式サイトにいくつか例が載っています。

また公式Instagramでもたくさんの知育玩具が紹介されているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

おもちゃの購入はできる?

気に入ったおもちゃは在庫の状況にもよりますが、購入することができます。

おもちゃ交換の連絡時に購入したい旨を伝えてください。

 

おもちゃの消毒方法は?

おもちゃは素材によって消毒方法が異なります。

・布素材のおもちゃ

口に入っても安全な石鹸での手洗いと十分な乾燥を行っています。

手洗いが難しいものはアルコール消毒清拭クロスと洗浄クロスで拭き上げと綿棒で付着物の排除をしています。

・木材のおもちゃ

口に入っても安全な石鹸やアルコールで書毒を行っています。

・プラスチックのおもちゃ

アルコール消毒清拭クロスと洗浄クロスを使用し付着物の除去・拭き上げを行っています。

 

「おもちゃのサブスク」で賢く育児!

おもちゃのサブスク

今回紹介した「おもちゃのサブスク」はいかがでしたか。

3ヵ月~6歳までに対応した知育玩具が届く今回のサービス。

小学校の初等教育開始時までの学力差改善に期待が出来るとともに、親子でのコミュニケーションも豊かになるサービスなのではないでしょうか。

教育面はもちろん、環境面でも廃棄玩具や廃棄絵本の減少に貢献できます。

子どもの好奇心に応えるサービスの1つとして「おもちゃのサブスク」を検討してみてください。