さまざまなアニメを観てきたわたしですが、ほのぼの日常系アニメで右に出るものがいない、と感じているのが「のんのんびより」。どうせかわいい女の子が出てきて、キャッキャウフフしてるオタク向けのアニメなんでしょ~?と思ったそこのあなた。そんなあなたもきっと癒されちゃうはず!のんのんびよりを配信中のVODも併せて紹介します。

この記事のポイント!

  1. 日々忙しく働く大人にこそ刺さるアニメ
  2. のんのんびよりの魅力を全力紹介
  3. 最高な作品が観られるサブスクも教えちゃう

【のんのんびより】ってなに?

のんのんびより 配信

出典:https://www.bs-tvtokyo.co.jp

KADOKAWAの「月刊コミックアライブ」で2009年11月~2021 年4月まで連載されていた、あっと作のマンガ作品です。

テレビアニメは3期まで、劇場版は1作品が公開されています。

映画化までされていることから、とても人気のある作品だと分かりますよね。

もぴちゃん

わたしも大大大好きな作品です...!!

初めに言っておきますがハラハラドキドキするようなアクションシーンはなく、たまにある癒し系アニメに見せかけて実は重めのグロアニメ…というものでもありません。

ただのんびりとなにも考えずに見れる作品で、仕事終わりのリラックスタイムに見るのが最高なんです…!

 

こちらもおすすめ!

漫画サブスクで【東リベ】をイッキ見した結果…!キャラクター○○の沼から抜け出せなくなりました

 

簡単なあらすじ

全校生徒たった5人の「旭丘分校」。
雪解けとともに芽吹き春の足音が聞こえる山里で相変わらずまったり過ごす少女たち。
山菜を採ったり、お花見したり、お魚も釣ってみちゃったり・・・。
彼女たちの新しい季節の楽しみ方に触れ、子供の頃の懐かしさを再発見できるかもしれません…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

舞台は日本のどこかにある、とても田舎な町。

メインの登場人物はその学校の全校生徒である宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小鞠、越谷卓の計5人。

といっても越谷家の長男である卓はたまにしか出ず、CV(キャラクターボイス)も付いていないため基本的には女の子4人の物語となっています。

もともと東京で暮らしていた一条蛍が、父の仕事の関係でこの町に引っ越してくるところから物語が始まります。

東京との違いに驚きつつも、周りと関わることで田舎の生活を楽しんでいく、そんな様子を覗き見できるようなお話です。

ちなみに彼女たちが過ごしている町はコンビニまで徒歩2時間、バスは5時間に1本で、道路には「牛横断注意」の看板まであるような土地です。

もぴちゃん

本当にこんな場所があるんだろうか...

 

簡単なキャラクター紹介

メインキャラクターである4人を簡単に紹介します。

 

のんのんびより キャラクター

宮内れんげ(CV小岩井ことり)

旭丘分校で最年少の小学1年生。

独特な感性を持ち、さまざまな迷言を生み出しています。

大人びた考えを持ちつつも、たまに見せる年相応な表情がとってもかわいい、みんなの妹的存在。

語尾に「~のん」を付けるのが口癖で、この記事のタイトルにもなっている「にゃんぱすー」は挨拶です。

 

のんのんびより キャラクター

一条蛍(CV村川梨衣)

東京の学校から転校してきた小学6年生。

小学生には見えない見た目と性格で、年齢をいうと驚かれることもしばしば。

小鞠のことを慕っており、家は自作の「こまぐるみ(小鞠をデフォルメしたぬいぐるみ)」で溢れています。

 

 

のんのんびより キャラクター

越谷夏海(CV佐倉綾音)

明るいムードメーカーの中学1年生。

越谷家の次女で、小鞠の妹です。

元気で明るくいたずら好きで、お母さんに怒られることが1番多いキャラクター。

 

のんのんびより キャラクター

越谷小鞠(CV阿澄佳奈)

夏海の姉で中学2年生。

女子生徒の中では最年長で「お姉さん」に憧れていますが、身長が140cmしかありません。

海では迷子と間違われ「迷子センター」に連れていかれたことも。

なにかと不憫なキャラで、かわいそうなところがかわいいです(笑)。

 

何がそこまでいいの?

のんのんびよりはいわゆる「日常系」と呼ばれるアニメの中でも、3期まで制作されている人気作品。

わたしなりに、のんのんびよりがなぜここまで支持されているのか考えてみました。

もぴちゃん

一度でいいのでぜひ見てほしいです!

 

登場人物が全員いい子過ぎる

登場人物がみんないい子で、人間のよくない部分を全く感じません。

仮に自分が東京から田舎に引っ越したらその不便さに不満を漏らしそうですが、蛍は全くそんな素振りを見せずに田舎を楽しんでいます。

転校生である蛍を受け入れるれんげ達も、すぐに仲間に入れてあげる優しさがあり、心の綺麗の子しかいない世界なんです…。

見ていて心が浄化される感覚、ぜひ体感してみてください。

 

背景美術が綺麗で癒される

休日に温泉へ行って、何にも追われずゆっくりしている時間って癒されますよね?

のんのんびよりを見ていると、そんな自然の中でのんびりとしている気分になります。

日々時間に追われている働き盛りの世代に刺さるのはそんなところかもしれません。

また風景だけを数秒間写すカットが必ず使用されているなど、田舎の情景描写がとても上手いです。

幼少期に自分も体験したような、もしくは体験してみたかった田舎の風景がそのまま映し出されているシーンはアニメとは思えない綺麗さ。

都会の喧騒に揉まれている人にこそ見てほしい作品です。

 

OPもEDも神

キャラクターの声優さんたちが歌っている曲がいくつかあるのですが、その全てを神曲と言っても過言ではありません。

その中でもいつ聴いても泣いてしまう曲が1つあるのでご紹介します。

アニメ3期のエンディングテーマで「おかえり」という曲、この場所で待っているからいつでも帰ってきていいよという内容の歌詞です。

ここは世界一優しい おかえりが待ってる場所
さりげない日常 ふわりと
抱きしめてくれるよ
ここは世界一暖かい 春が訪れる場所
みんなみんな大好きな人 大好きなふるさと

アニメ化が終了してしまった今は聴くだけで涙が...。

いつでも待っててくれる場所だったのに、そんな場所が終わってしまったことを強く感じます…。

 

のんのんびよりの楽曲はSpotifyでも聴けるのでぜひ!

こちらもおすすめ

 

シュールな笑いがある

小学1年生の宮内れんげは、子供らしからぬ言葉遣いと突拍子もない物言いでファンの間では「天才」と言われています。

独特な感性はまさに天才のソレ。

そんな感性は生き物につけるネーミングセンスでも窺い知ることができます。

  • タヌキ:具(ぐ)
  • 鯉:ヒカリモノ親方
  • 複数のカブトエビたち:(どの子も)ひらたいらさん
  • セミの幼虫:そのひぐらし

なぜその名前になったかよくわかりませんよね、れんちょん(れんげの愛称)の思考はそういうところが良いんです。

穏やかな話の中で時々生まれるシュールな笑いもおすすめポイントですよ。

 

ここまでいろいろとお話してきましたが、前述したようにのんのんびよりはすでに最終回を迎えているんです...。

終わってしまうのがつらくて最終回だけ未だ見れていませんが、見た友人からは綺麗に完結したと聞いています。

でもわたしの中ではまだ終わっていないので!!!

のんのんびよりが終わったことを受け入れられないオタク(わたし)は、聖地巡礼を行うことにしました。

のんのんびより【下里分校】

まずは旭丘分校のモデルとなっている「埼玉県小川町立小川小学校 下里分校」へ向かうことに。

その様子は後日アップするので、乞うご期待です!笑

 

のんのんびよりにいつでも会えるのがサブスク

聖地巡礼をするよりも簡単にれんげたちと会えるのがVODです。

筆者ものんのんびよりを見ない日々が続くと禁断症状が出るので、サブスクを利用して定期的に鑑賞しています。

のんのんびより好きな方や、これから見始めようと思っている方に向けてどのVODで見られるかまとめました。

 配信数月額無料期間
dアニメストア1~3期+劇場版440円(税込)1ヶ月間
Hulu1~3期+劇場版1,026円(税込)2週間
U-NEXT1~3期+劇場版2,189円(税込)31日間
FOD1~3期+劇場版976円(税込)2週間

※NetflixやAmazonプライムは配信終了や別途レンタルが必要でした。

結論からいうと、のんのんびよりを見るためなら圧倒的にdアニメストアがオススメです!

この表の通り、dアニメストアは他のVODと比べても月額料金が安く、アニメに特化したサービス。

「のんのんびより」を見るために契約するのなら最もコスパが良いと思います。

 

他のサービスの月額料金の高さに関しては、アニメ以外の対象作品が豊富に用意されていたり、ポイントが付与される形式であったりとさまざまです。

アニメ以外にも見たい作品がある方は、dアニメストア以外のサービスの方が満足できるかもしれません。

こちらもおすすめ

 

いつでも待っていてくれるみんなの故郷

のんのんびより 配信

出典:https://nonnontv.com

この記事では「のんのんびより」の魅力と、配信中のVODについてご紹介しました。

少し興味を持っていただけたでしょうか。

のんのんびよりは普通の日常がとても大切に思えるような、心が浄化される作品。

現実世界でつらいことや悲しいことが起きた時でも、そんな気持ちを癒してくれる「故郷」のような存在だと感じています。

癒されたいとき、何も考えずにアニメを見たいとき、どんな時でものんのんびよりは優しく迎え入れてくれますよ。

ぜひ皆さんものんびりと癒されてくださいね!